サタデーナイト症候群(橈骨神経麻痺)

サタデーナイト症候群

2017-09-29 (金) 12:50:02

サタデーナイト症候群(橈骨神経麻痺)

サタデーナイト症候群

横になって寝ていて、起きてみると手が上がらない・・・

そんな時考えられるのが橈骨神経麻痺です。

サタデーナイト症候群、或いはハネムーン症候群と呼ばれています。


右手親指の手の甲付近にしびれ感が、、、

朝起きて顔を洗っていると、右手の親指の皮膚に違和感を感じました。

例えると、正座した時に痺れるような感じです。

手足の痺れ感は、脳疾患の前兆の可能性もあるので、ほったらかしには出来ません。

で、早速調べてみると・・・

似たような症状の方からの投稿が、あるある・・・

痒いところに手が届く表現に、いつもながら感心しながら読んでいくと。。。

サタデーナイト症候群(橈骨神経麻痺)という症状に近いことが分かりました。

サタデーナイト症候群(橈骨神経麻痺) とは

橈骨神経麻痺とは、寝ている時二の腕の内側を圧迫していた為に起こる神経麻痺です。

1人で寝ていても、腕などに自分の体を乗せた状態で寝ると、この症状が起きます。

橈骨神経

左の図のように、橈骨神経は腕の付け根あたりから、 腕の骨をまくように走っています。特に圧迫を受ける可能性が多いのは、 青い丸で囲んだ部分です。

例えば昼寝をして長時間腕の外側が圧迫されていたり 、腕を下にしたまま寝てしまったような場合など、ちょっとしたことで神経が圧迫を受けることになります。


誰でも経験あると思いますが、目覚めた時、片方の腕の感覚がなくなっている。

そして、しばらくすると、だんだん痺れてきて腕の感覚が戻ってくる。

これがサタデーナイト症候群(橈骨神経麻痺)です。

橈骨神経支配知覚領域


橈骨神経は筋肉だけでなく、左の紫色で示した領域の感覚を支配しています。

首からの原因で手が痺れる時と似ていますが、親指と人差し指の間は橈骨神経の固有領域です。この部分が痺れると橈骨神経麻痺が疑われます。


男性の腕の上に、女性が枕代わりに頭などを乗せて寝たりして

こういう症状が起きることからハネムーン症候群とも呼ばれています。

しかし1人で寝ていても、腕を圧迫した状態で寝ると、この症状は起きます。

健康と病気は紙一重

サタデーナイト症候群は、しばらくして感覚が戻ってくる程度なら問題はありません。

しかし腕を圧迫した状態が長時間続いた場合、

腕の感覚が戻るまで半年かかるという事例があるそうです。

なので症状が早期に消えない時は、生活習慣の見直しも必要です。

私は車上生活時間が長いので、よく車の中で昼寝をします。

シートは狭いので、腕の置き場がなく、首の後ろで組んで寝ていると必ず腕が痺れます。

今まではあまり気にしなかったのですが、これを機会に注意しようと思います。

ポイント 今日まで健常者でも、明日も健常者である保証はない!


関連ページ






私が展開するネットワークビジネスをご案内します

10秒後に自動で始まります(21コマ漫画)
はじめてのネットワークビジネスに挑戦の巻

このサイトを熟読していただければ、MLMをインターネットで展開する上での基本的な考え方や、具体的なやり方をご理解いただけると思います。
そう考えて、敢えて包み隠さずお伝えしています。

ネットワークビジネスをインターネットで展開したい方、自宅にいながらネットワークビジネスを攻略したい方は、まずはこのホームページをお読みください。

さて、このホームページでは特定のネットワークビジネスを推奨していません。
そこで、私自身が現在進行形でどこのネットワークビジネスを行い、具体的にどういう活動を行っているのか?

知りたい方にはすべてこちらで公開しています!(^^v)

ご希望のかたは以下からお申込み頂くと

動画セミナーとフォローメール

私が展開しているネットワークビジネスの仕組みをお教えします


インターネットのネットワークビジネス

資料請求

  • ここで入力いただいた個人情報は、資料送付の目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報を資料送付の目的以外で利用することはありません。



a:27964 t:5 y:17



powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional