ネットワークビジネスは究極のチームビジネス

ネットワークビジネスはチームビジネス

MLM虎の巻秘伝!~MLM虎の巻~

ネットワークビジネスは究極のチームビジネス

ネットワークビジネスはチームビジネス

ネットワークビジネスは、まずメンバーの集客から始まります。
そしてメンバーの育成、組織運営と続きます。
これを全て自分1人の力でやる事は不可能なのです!


チームの力を使ってネットワークビジネスを成功させましょう

ネットワークビジネスは、まずメンバーの集客から始まります。

そして集客した後はメンバーの育成、その後は組織の運営と続きます。

ハッキリ言って、これら一連の仕事を、全て自分1人でやる事は不可能です。

では、どうしたら良いか・・・

その答えは、チームの力を借りる!です。

ネットワークビジネスは、究極のチームビジネスなのです。

自分にないものを持っている人から借りる、お互いの持っているものを出し合う。

これがネットワークビジネスの、チームビジネスとしての醍醐味です。

ネットワークビジネスは、仲間と一緒に作り上げるビジネスです。

仲間を、システムを、どれだけ自分の味方につけて使いこなすか?

そしてどれだけ楽しむことができるか、ここにかかっています。

ネットワークビジネスは、マラソンのような長期戦のビジネスです。

1人で全てやろうとすると、疲れます。(笑)

未熟なうちは、まずはアップの力を借りましょう。

そして力をつけてきたら、今度は仕事をダウンに任せるのです。

自分1人の力やらずに、常に仕事を共有する。

これがネットワークビジネスの究極奥義です。

そして自分の組織を大きくし、より大きな成功を手にしたいなら

あなたは優れたチームのリーダーにならなくてはなりません。

ネットワークビジネスの各グループには、それぞれのリーダーが

作り上げ伝承してきた独自のノウハウやシステムがあります。

チームで学んだそのノウハウをダウンさんができたら伝えていく

その学び方を上手にお伝えするのがチームリーダーの仕事なのです。

組織の成長は心の成長に比例する

ネットワークビジネスに長く関わるにつれて組織は大きく育ちます。

ネットワークビジネスを続けるに従って、チームメンバーとの

心の絆も深くなり、また自分のスキルや魂も成長していきます。

つまり、私たちはビジネスをしながら成長するのです。

そういったマインドの成長が、私たちの経済的自由ばかりでなく

精神的な喜びも、もたらしてくれる…

仲間がいるから成功できるのがネットワークビジネス

だからこそネットワークビジネスは究極のチームビジネスだと私は考えています。

自分自身がどんなリーダーであるべきかそして、どんなリーダーになれるか

自分の魂のせいちょうが組織の成長に比例するとしたら…

ちょっと怖いですが、覗いてみたいと思いませんか!(^^v)

ポイント 自分1人の力やらずに、常に仕事を共有する!


関連ページ

【組織の運営】

1.短期間で崩壊する組織
2.ネットワークビジネスはチームビジネス
3.ネットワークビジネスは運命の出会いがある
4.インターネットビジネスの欠点
5.BIトライアングル

【更新日】2017-08-22 (火) 15:16:36


MLM虎の巻




私が展開するネットワークビジネスをご案内します

10秒後に自動で始まります(21コマ漫画)
はじめてのネットワークビジネスに挑戦の巻

このサイトを熟読していただければ、MLMをインターネットで展開する上での基本的な考え方や、具体的なやり方をご理解いただけると思います。
そう考えて、敢えて包み隠さずお伝えしています。

ネットワークビジネスをインターネットで展開したい方、自宅にいながらネットワークビジネスを攻略したい方は、まずはこのホームページをお読みください。

さて、このホームページでは特定のネットワークビジネスを推奨していません。
そこで、私自身が現在進行形でどこのネットワークビジネスを行い、具体的にどういう活動を行っているのか?

知りたい方にはすべてこちらで公開しています!(^^v)

ご希望のかたは以下からお申込み頂くと

動画セミナーとフォローメール

私が展開しているネットワークビジネスの仕組みをお教えします


インターネットのネットワークビジネス

動画版人生を変える扉

  • ここで入力いただいた個人情報は、資料送付の目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報を資料送付の目的以外で利用することはありません。



a:3942 t:1 y:1



powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional