マーク・ヒューズ

マーク・ヒューズ

2017-09-29 (金) 12:33:31

マーク・ヒューズ

マーク・ヒューズ

  • マーク・レイノルズ・ヒューズ(Mark Reynolds Hughes)
    • 1956年1月1日~2000年5月21日
      ハーバライフ(Herbalife)の創立者。
      ヒューズは18歳のときに母ジョー・アン・ヒューズ(Jo Ann Hughes)を亡くしている。原因はダイエット用の薬を過剰に摂取したためであった。母の死を悲しんだヒューズは、研究を続け、ハーブを主原料とする食品を開発し、ハーバライフとして1980年2月1日、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスを拠点に販売を開始し、大成功を収める。
      しかし、ヒューズは44歳で他界した。解剖による所見では、アルコールと抗鬱薬の過剰摂取が、原因と見られている。


マーク・ヒューズハーバライフの創立者

  • ある重大な決意
    • マーク・ヒューズの母親は、危険なダイエットをくり返した結果、36才の若さで亡くなりました。そのとき10代であった彼は、ある重大な決意をします。それは、安全にダイエットできる方法を見つけることでした。シンプルで、目に見える結果を生み出し、栄栄養とウエイト・マネージメントについてもっと研究したいと考えたマークは、中国へ渡ります。そこで、中国の伝統的な漢方のすばらしさを知ることになります。アメリカに戻ったマークは、中国で学んだことを最大限に生かし、決意したことを実行に移しました。医学や栄養学の専門家を集め、ハーバライフを躍進させる製品開発の基礎を編み出します。養学的にも優れたプログラムを開発しようと決心します。
  • 革命への第一歩
    • 1980年、少量ながら独創的な製品を世に出すことによって、ハーバライフは誕生します。健康志向を極めた製品はたちまち評判となり、初めは数百、すぐに数千の人々が製品を求めるようになりました。その中から、多くの人々がダイエットに成功するだけでなく、健康的な生活や経済的な余裕も手に入れることができたのです。ハーバライフ製品の種類も、事業の進展とともに増えていきました。ニーズ別の栄養補助食品やパーソナル・ケア製品も発売されるようになり、それらを購入した人たちは、自分自身に合ったプログラムにより、健康的で豊かな日々を過ごせるようになりました。
  • 夢をかなえること
    • 現在、ハーバライフはウエイト・マネージメント製品をはじめ、栄養補助食品、パーソナル・ケア製品を中心に扱う会社として発展し続け、数百万の人々に多くの優れた製品を提供しています。マークの夢の実現を目標にしてこそ、ハーバライフはパワフルで簡単にできるよりよい栄養補給で、世界各地の人々の幸せを守り続けることができるのです。
      マークが描いた夢のとおり、ハーバライフはよりよい栄養補給をパワフルかつシンプルな方法で提供することによって、多くの人々の人生を変えてきました。その中でさらにハーバライフは、人々にふさわしい人生、それぞれの夢をかなえ、目標を達成可能にする自由と経済的自立、そしてすばらしいビジネス・チャンスを提供し続けています。

関連ページ




ネットワークビジネスの成功ノウハウを学びませんか?

表面上のお金儲けのせりふに釣られてネットワークビジネスに参加しても。。。
おそらくそこでは、あなたの望むものは得られないでしょう。
そこで私はこのサイトでネットワークビジネスの成功ノウハウを公開したのです。

ビジネスを成功させる為に必要な考え方を知っていただこうと考えたのです。
またこれを機会にネットワークビジネスに対する理解を深めてください。
私は、ネットワークビジネスこそ21世紀型の成功モデルだと考えています。

ネットワークビジネスは単なる金儲けの手段ではなく、女性や在宅主婦にもできる21世紀型ビジネスです。
そのための成功マインドの作り方、具体的な方法論を学んで下さいね!(^^v)

メルマガ《MLM》虎の巻

メルマガ

  • ここで入力いただいた個人情報は、資料送付の目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報を資料送付の目的以外で利用することはありません。



a:3162 t:4 y:2



powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional