ロングテール戦略(複合キーワード)を極める

ロングテール

MLM虎の巻秘伝!~MLM虎の巻~


【MLMサイト戦略】

ロングテール戦略(複合キーワード)を極める

正しいキーワードでサイトを作成すれば、宣伝広告費をかけず

濃い見込み客を安定的に集客できます!

そのためにはロングテールSEO戦略をマスターしましょう!(^^v)

SEOの基本であるロングテール戦略とは?

ロングテールSEO戦略

  • ロングテール戦略(複合キーワード)とは、ビッグキーワード(シングルキーワード)といった競合するキーワードで勝負するのではなく、複数のキーワードを使って絞り込み、ニッチ市場で戦う戦略です。

ロングテールSEO

  • 縦軸が検索回数、横軸がキーワードで、キーワードを検索回数が多い順に左から右へ順番に並べると、このようなグラフになります。
  • 検索回数が多いビッグキーワードは、一番左端の部分です。
    対して赤枠で囲った、検索回数があまり多くない部分は、スモールキーワード、つまり複合キーワードです。
  • 赤枠で囲った部分は尻尾のように見えますね。
    この「尻尾の部分」のキーワードを使う事によってアクセス数を稼ぐ戦略が、ロングテール(the long tail:長い尻尾)SEO戦略です。


ここでご説明するロングテール戦略が完成すれば・・・

あなたのサイトからは半永久的にアクセスが集まり続けます。

目安としては、記事数が数百記事程度でも結果は出ます。

「最初の目標は、100ページです!」と言うのは、そういう意味です。

そして必ずしも、ロングテール戦略は完成させなくても良いのです。

なぜなら、完成しなくても、途中でも十分に結果が出るからです。

しかし、もしもあなたが数千記事書いたなら・・・

あなたのサイトは、アクセス数だけならナンバー1になれるでしょう。

そこまでやれば、真の意味でロングテール戦略は完成です!

しかし、ロングテール戦略を完成する為には、時間と労力がかかります。

MLMだけを目的とする方は、ロングテール戦略を完成させる必要はありません!

ビジネスを超えて、ロングテール戦略を極めたい方は挑戦して下さいね!

なぜ検索エンジン対策が必要なのか?

インターネットが普及した今、何か調べたい事や欲しいものがあると

誰もがGoogle、或いはYahoo!等の検索エンジンを使って検索します。

その時に入力する情報がキーワードです。

するとGoogleは、そのキーワードに関連したサイト情報を順番に表示します。

そこで表⽰された情報を上から順番に眺め、必要な箇所をクリックする。

現にあなたはそういうプロセスを経て、このサイトをご覧になっているはずです。

あなたに限らず、これが⼀般的な⾏動パターンなのです。

もちろん、まだインターネットを使えない人も多く存在しますが

しかし、まずはGoogle やYahoo!で検索する、という⼈が激増しているのです。

逆に考えると、もしも自分のサイトを宣伝したいのなら

特定のキーワードで、検索エンジンに上表示されたらどうでしょうか?

インターネット集客をする上で、検索エンジン対策が重要な理由はここにあります。

上手に検索エンジンを利用すれば・・・

宣伝広告費を一切かけずに

無料で集客できる!

しかも、やり方を工夫すれば。。。

自分の欲しい⾒込み客を!

安定的に集めることができるのです!

キーワードは単語を組み合わせた「複合キーワード」を使う

あなたがネットワークビジネスのサイトを作り、集客したいなら

ネットワークビジネスというキーワードで上位表示できれば

間違いなくサイトにアクセスは集まり、集客も成功するでしょう。

しかし現実は厳しく、ネットワークビジネスは人気のキーワードなので

多くのライバルが群がっていて、上位表示がかなり難しいのです!

私も現在進行形で苦労しています(;-_-;)

では、どうしたら良いか?

そこでライバルが少ないキーワードを多く使う事でアクセスを集める!

冒頭のアイテム数を幅広く揃えて全体の売上げを大きくする!という方法を使うのです。

つまりこれがロングテールSEO戦略です。

例えば、キーワードを「副業 ネットワークビジネス」とすると?

この記事を書いている時点ですが、このサイトが上位表示されます。


クリックで拡大します!
auto_P4haGN.jpg

つまりネットワークビジネスに比べるとライバルは少なく

結果、上位表示がラクというわけですね。

同じように・・・

「ネットワークビジネス 在宅」

「ネットワークビジネス インターネット」

「ネットワークビジネス ロバートキヨサキ」

「ネットワークビジネス ランキング」

等々

「ネットワークビジネス」に別の単語を組み合わせた「複合キーワード」を作るのです。

ロングテールSEO戦略のメリット

これらの「ネットワークビジネス関係の複合キーワード」で沢山の記事を作れば

その記事へのページアクセスは少なくても、トータルでは大きなアクセスになる!

ここがサイト戦略における、最も大切な考え方です。

サイト集客は、トップページへのアクセスだけが全てではない!

サイトを構成する全てのページが集客の為の入口になる!

ということを、是非、肝に銘じてくださいね。

更に、ロングテールSEO戦略のメリットは、他にもあります。

キーワードを絞り込めるので、濃い見込み客が呼べるのです。

複合キーワードを使うメリットは、2つあります。

[check]検索エンジンでの上位表示が、比較的簡単に行えること

[check]お客様のニーズを絞り込めるので、質の高い見込み客が来ること

ロングテールSEOは、多種多様なキーワードを使います。

それ故に、アクセス数が安定しやすいという特徴もメリットの1つです。

複合キーワードの組合わせは無限

さて、ここまではネットワークビジネスというキーワードを例にしてご説明しました。

しかしネットワークビジネスに興味がある人は、色々なキーワードで検索します。

必ずしもネットワークビジネスに関連した、複合キーワードだけではありません。

例えば、「在宅 副業」「MLM インターネット」で検索するかもしれません。

または会社名製品名人の名前など、様々なキーワードで検索する可能性もあります。

会社名ですと、「アムウェイ」が一番有名ですが、「アムウェイ 成功者」など

会社名との複合キーワードで検索する方も多いのです。

アムウェイに興味がある人は、当然、ネットワークビジネスにも興味がある人ですね。

つまりアムウェイ関係のキーワードも、集客に有効なキーワードなのです。

そう考えると、複合キーワードの組合わせは、無限といっても良いでしょう。

コンプライアンスを守る

ここで1つ注意して欲しいことがあります。

それは会社名で検索すると、必ず出てくる「誹謗、中傷のキーワード」です。

この、誹謗、中傷のキーワードは使わない!ということです。

例えば「アムウェイ 被害」「アムウェイ 苦情」などの組み合わせで記事を書く。。。

会社名 被害」「人の名前 詐欺」これらは、なるべく使わず封印しましょう。

理由は、トラブルを引き寄せるからです。

これらマイナスのキーワードは、確かに多く検索されるキーワードでもあります。

しかし、これらのキーワードで、検索する場合の原因を想像してください。

多くは、ネットワークビジネスに不信感を感じている人が検索しているはずです。

恐らくはオフラインのMLMで、何らかのトラブルに巻き込まれた!という人たちでしょう。

こういう人達に逆にアプローチする!という考え方は一見すると合理的です。

しかし悪く言えば「人の弱みに付け込んでいる!」という行為になります。

しかも、被害を受けた人を利用するという姿勢は、ネガティブな人を引き寄せます。

検索されれば何でも良い。。。というわけではありません。

ビジネスをする姿勢、考え方を疑われますので、くれぐれもご注意下さいね。

ポイント ロングテールSEOを極めれば全てのページが集客の入口になる!


関連ページ


MLM虎の巻




私が展開するネットワークビジネスをご案内します

10秒後に自動で始まります(21コマ漫画)
はじめてのネットワークビジネスに挑戦の巻

このサイトを熟読していただければ、MLMをインターネットで展開する上での基本的な考え方や、具体的なやり方をご理解いただけると思います。
そう考えて、敢えて包み隠さずお伝えしています。

ネットワークビジネスをインターネットで展開したい方、自宅にいながらネットワークビジネスを攻略したい方は、まずはこのホームページをお読みください。

さて、このホームページでは特定のネットワークビジネスを推奨していません。
そこで、私自身が現在進行形でどこのネットワークビジネスを行い、具体的にどういう活動を行っているのか?

知りたい方にはすべてこちらで公開しています!(^^v)

ご希望のかたは以下からお申込み頂くと

動画セミナーとフォローメール

私が展開しているネットワークビジネスの仕組みをお教えします


インターネットのネットワークビジネス

動画版人生を変える扉

  • ここで入力いただいた個人情報は、資料送付の目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報を資料送付の目的以外で利用することはありません。



a:3429 t:2 y:0



powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional