ネットワークビジネス企業の他社批判的記事はNG

他社の誹謗中傷記事は厳禁

MLM企業の他社批判的記事はNG

他社の誹謗中傷記事は厳禁

ネットワークビジネスにおいての他社批判はコンプライアンス(法律や条例の遵守)にかんがみ、絶対にあってはならないことです!


ネガティブ記事・撲滅キャンペーン

インターネットワークビジネスはSEO戦略に基づくサイト集客が基本です。

そして記事が検索エンジンにインデックスされ、上位表示されなくてはダメです。

ここまでは当然のことだと思います。

さて、そこでより多くの集客を考え、集客キーワードを分析する。

そしてその結果を踏まえて、検索されやすいキーワードで記事を書く。。。

時にこれを、やり過ぎる方がいるのです。

具体的に言うと、「企業記事+ネガティブ・キーワード」で記事を書く。。。

或いは、情報誌に出たMLM関連の個人名で記事を書く。。。といった行為です。

  • 一時やたらに流行ったサテライトブログの時もそうでしたが、被リンクが多い方が良いという情報があると、サイトコンテンツを無視して、内容の無いサテライトブログを量産する。。。
    そしてメインブログのターゲットキーワードに、サテライトブログからリンクしまくる。。。
    結果、一時的に検索ページで上位表示されたようですが、その後はご存知の通り、グーグルの判定基準が大幅に変わり、意味の無い被リンクの多いサイトは、逆に圏外に飛ばされてしまいました。


誹謗中傷記事は、書かれた企業、或いは記事にされた人の立場から見れば、、、、

名誉棄損に該当する行為なのです。

また仮に、「ネガティブキーワードでも上手に使えば大丈夫」的な発想は、

あとでいろいろな意味で問題の発端になりがちです。

例えどんなに集客できても、やってはならない行為と心得ましょう!

また訴えられ裁判にでもなれば、やった側が違法行為を認定され、罰則を受けます。

インターネットの世界は、良い意味でも、悪い意味でも、情報が世界中に発信されます。

自分で書いた記事が問題になれば、書いた本人や、その周りにも迷惑が及ぶのです。

自分で書いた記事には責任を持つ!

その覚悟がなければ、インターネットで活動する資格はありません。

ですから中途半端な覚悟で、他社の誹謗中傷記事は書かないで下さいね。

未来の自分のパートナーを引寄せるキーワード

ネットワークビジネスは、ビジネスを通してビジネスの本質を学ぶべきものです。

本を読み、 ビジネスのノウハウを研究し、また仲間とのコミュニケーションを楽しむ。

ビジネスの活動を通じて共に学び、成長を目指す。。。

その上で、日々の学びや自分の考えや思いをブログやホームページに書く!

その結果、自分に共感してくれる仲間(ビジネスパートナー)を引き寄せるのです。

つまり、 集客する上でのポイントは、自分の考えや思いなのですね。

キーワードは、そのキャッチコピーなのです!

そして自分の夢や目標などをイメージし

それに基づいて、記事を書き溜めていく。。。

これが、私の理想とする集客システムの基本です。

ネットワークビジネスでの集客は、第一関門にすぎません!

自分の夢や目標などをイメージして

作ったキーワードに共感して集まる仲間。。。

その仲間を上手にフォローして

真のビジネスパートナーとしてお互いが成長していく。。。

そんな未来のビジネスパートナーを繋ぐ、あなただけのキーワード。。。

そんなステキなキーワードを探し出して下さいね。

関連ページ





私が展開するネットワークビジネスをご案内します

10秒後に自動で始まります(21コマ漫画)
はじめてのネットワークビジネスに挑戦の巻

このサイトを熟読していただければ、MLMをインターネットで展開する上での基本的な考え方や、具体的なやり方をご理解いただけると思います。
そう考えて、敢えて包み隠さずお伝えしています。

ネットワークビジネスをインターネットで展開したい方、自宅にいながらネットワークビジネスを攻略したい方は、まずはこのホームページをお読みください。

さて、このホームページでは特定のネットワークビジネスを推奨していません。
そこで、私自身が現在進行形でどこのネットワークビジネスを行い、具体的にどういう活動を行っているのか?

知りたい方にはすべてこちらで公開しています!(^^v)

ご希望のかたは以下からお申込み頂くと

動画セミナーとフォローメール

私が展開しているネットワークビジネスの仕組みをお教えします


インターネットのネットワークビジネス

資料請求

  • ここで入力いただいた個人情報は、資料送付の目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報を資料送付の目的以外で利用することはありません。



a:3843 t:4 y:7



powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional