購買型のネットワークビジネスを選ぶ

購買型のネットワークビジネス

MLM虎の巻秘伝!~MLM虎の巻~


【正しい会社の選び方】

購買型のネットワークビジネスを選ぶ

  • ネットワークビジネスには、2つの形態があります。
    • 小売りのある販売型
    • 小売りのない購買型
  • 選ぶなら小売りのない購買型を選びましょう!


被害者を生みやすい販売型ネットワークビジネス

ネットワークビジネスは、小売りのある販売型が主流です。

小売りがあるということは、仕入れの必要がありますね。

そして、販売する為と称して、必ず在庫を持たされます。

販売型ネットワークビジネスの現実、それは・・・

自分のポジションを上げる為、自ら過剰購入をしたり。。。

或いは、それをダウンに強要することです。

結果、過剰在庫を抱える被害者が後を絶ちません!

販売型ネットワークビジネスは、被害者を生むシステムでもあるのです。

では、なぜまとめて購入してしまうのでしょうか?

販売型ネットワークビジネスが被害者を生むメカニズム

一般的には、少量より大量に購入した方が安くなります。

毎日の生活で使う日常の消耗品なら、まとめ買いもある意味経済的な方法です。

しかしビジネスとして考えると、ここに落とし穴があります。

販売型ネットワークビジネスでは、大概が大量購入で価格が半額になります。

すると「どうせビジネスをするなら、最初に安い値段で買っておこう」と

売れる当ても無いのに、初めから過剰に在庫を抱えがちなのです。

しかし仕入れが安くても、売れない在庫には価値がありません。

一度抱えた在庫は、自分で消費するより他ないのです。

販売型ネットワークビジネスは、過剰在庫を誘発する為、被害者も止まらないのです。

仕入れの無い購買型なら在庫は必要なく被害も出ません

一方、購買型ネットワークビジネスは、自己消費分だけを毎月購入します。

そして人には、その製品やビジネスを紹介するだけです。

仕入れは無いので、在庫を持つ必要も全くありません!

今海外では、販売のない購買型ネットワークビジネスが主流になりつつあります。

日本においても、これからは被害者の出ない購買型が主流になるでしょう。

ネットワークビジネスを志す人は、この点を注意深く考え選択しましょう。


購買型と販売型の違い!

 購買型販売型(従来の一般MLM企業)
入会申込書なしあり(手続き複雑)
入会金、年会費なしあり(1万円前後)
販売(セールス)システム上必要なしあり
価格誰もが同一価格卸売価格・小売価格
在庫不要(しても意味がない)ある(販売、タイトルのため)
ビジネスの被害者いないいる(大量在庫を抱えるため)


関連ページ



私が展開するネットワークビジネスをご案内します

10秒後に自動で始まります(21コマ漫画)
はじめてのネットワークビジネスに挑戦の巻

このサイトを熟読していただければ、MLMをインターネットで展開する上での基本的な考え方や、具体的なやり方をご理解いただけると思います。
そう考えて、敢えて包み隠さずお伝えしています。

ネットワークビジネスをインターネットで展開したい方、自宅にいながらネットワークビジネスを攻略したい方は、まずはこのホームページをお読みください。

さて、このホームページでは特定のネットワークビジネスを推奨していません。
そこで、私自身が現在進行形でどこのネットワークビジネスを行い、具体的にどういう活動を行っているのか?

知りたい方にはすべてこちらで公開しています!(^^v)

ご希望のかたは以下からお申込み頂くと

動画セミナーとフォローメール

私が展開しているネットワークビジネスの仕組みをお教えします


インターネットのネットワークビジネス

動画版人生を変える扉

  • ここで入力いただいた個人情報は、資料送付の目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報を資料送付の目的以外で利用することはありません。



a:5153 t:2 y:4



powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional