加齢によるEDの原因と対処法

EDの原因と対処法

加齢によるEDの原因と対処法

40代の5人に1人、50代の2人に1人以上の方がEDで悩んでいます!

ED 勃起不全

ED(勃起不全)は、満足な性交が行えるだけ、勃起が維持できない状態です。つまり完全な勃起不全はもちろんのこと、硬さが不十分だったり、要は満足な性交が行えるだけの勃起が得られない状態は全てEDとなります。


中高年から多い器質性ED

サプリメントには、EDに即効性があるものもあり

人によっては手放せない!

という方もいらっしゃると思います。

しかし中高年からのEDは、器質性のEDが多く

原因が神経の障害や、血管の動脈硬化の進行などにより

起きるEDだったら、別の意味で注意が必要です。

病気でなくても、30歳を過ぎると血管は、加齢と共に老化してきます。

すると血管の弾力性が低下して(動脈硬化)

人によっては、ED の症状を自覚するケースが出てきます。

動脈硬化になると、血管が十分に拡がらないため

血液の巡りが悪くなり、陰茎海綿体に十分な血が流れ込まなくなります。

糖尿病、高血圧、高脂質症など生活習慣病の方は特に注意しましょう。

器質性EDの原因と対処法

生活習慣病は、常時血管に負担をかけているので

結果、動脈硬化が進行しやすくなります。

また、喫煙や飲酒の習慣も動脈硬化の原因となります。

最近ED気味かも?と思ったら

いきなり薬で対処療法に走るのではなく

まずは生活習慣をチェックすることです。

また、神経系の異常としては

糖尿病性神経症やパーキンソン病などの内的要因

脳出血や事故による脊髄の損傷や手術のように

外部から神経を傷つけるような外的要因の2つに分けられます。

神経には、脳を含む中枢神経

脳と末梢(まっしょう)をつなぐ脊髄神経

そして身体全体につながる末梢神経(まっしょうしんけい)があります。

これらの神経が、性的刺激を受けた時

勃起するよう陰茎に命令します。

しかし神経に障害を受けると、命令がうまく伝わらないため

EDの原因となってしまうわけですね。

神経性EDは、早目の医療対応が有効なのは当然として

生活習慣病を原因とするEDは、EDを治すというより

EDの原因を根本的に改善していくことが大切です。

■器質性EDの対処法

  • 1.生活習慣病の原因となる食生活を改める
    肉や脂、または甘いものや塩分のとり過ぎに注意して、太りすぎを予防しましょう。また、当然ですがタバコは禁煙、アルコール摂取も控え目を心がけましょう。
  • 2.積極的に身体を動かす
    1日1時間以上は歩く習慣を身に付け、夜ふかしせず、早寝早起きを心がけましょう。
  • 3.身体に良いものを積極的にとる
    緑黄色野菜をなるべくたくさん取って、たんぱく質も魚や大豆などの良質のタンパク質を積極的に食べましょう。
  • 4.血管と血液の循環を改善する
    血管の若返りには、活性酸素を除去する抗酸化サプリメントを取るのも効果的です。
    また血液の循環を促進させるサプリメントも、状況に応じて無理なく活用していきましょう。(心臓への負荷に注意!)


関連ページ





私が展開するネットワークビジネスをご案内します

10秒後に自動で始まります(21コマ漫画)
はじめてのネットワークビジネスに挑戦の巻

このサイトを熟読していただければ、MLMをインターネットで展開する上での基本的な考え方や、具体的なやり方をご理解いただけると思います。
そう考えて、敢えて包み隠さずお伝えしています。

ネットワークビジネスをインターネットで展開したい方、自宅にいながらネットワークビジネスを攻略したい方は、まずはこのホームページをお読みください。

さて、このホームページでは特定のネットワークビジネスを推奨していません。
そこで、私自身が現在進行形でどこのネットワークビジネスを行い、具体的にどういう活動を行っているのか?

知りたい方にはすべてこちらで公開しています!(^^v)

ご希望のかたは以下からお申込み頂くと

動画セミナーとフォローメール

私が展開しているネットワークビジネスの仕組みをお教えします


インターネットのネットワークビジネス

資料請求

  • ここで入力いただいた個人情報は、資料送付の目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報を資料送付の目的以外で利用することはありません。



a:132 t:2 y:1



powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional