ネットワークビジネス情報発信サイトの作り方

MLM情報発信サイトの作り方

MLM虎の巻秘伝!~MLM虎の巻~


【MLM記事の書き方】

ネットワークビジネス情報発信サイトの作り方

  • 自分が持っているMLM情報やノウハウや考え方を、どうメッセージとして発信していくか?
    その答えは、発信する情報の量と質&継続です。質の高い情報を発信し続けることが成功の秘訣です。


最初は数稽古のつもりで量を発信する

【MLMサイト戦略】(←参照)を参考にして、まずは記事をたくさん書いてみましょう。

しかしこう言うと、沢山ってどのくらい?と思われるでしょうね!(笑)

そこで1つの目安として、まずは100記事を目標にしてください。

1日1ページづつ書いたら、100日(約3ヶ月)かかります。

しかし2ページづつ書いたら50日、3ページづつなら約1ヶ月です。

この作業が集客の基本となるので、まずは質より量!と割り切って挑戦して下さい。

っていうのは、最初から核心をついた質の高い情報を発信するのは難しいです。

つまり自分が書くべきこと、自分がゲストに伝えたいことは何か?

こういったことは、やっているうちにだんだん見えてきます。

試行錯誤しながら、数稽古のつもりで量をこなしていく事で、質も上がっていきます。

そして更に大切な事は、量を出さないことにはアクセスが増えません!

量を増やし質を上げる事がブランディング(参照→ブランディング戦略)に繋がります。

コンテンツページとアクセスアップページの違いとは

サイト構成は、大きく分けると2つになります。

(参考ページサイト作成の基本)

1.集客(資料請求)させる為のコンテンツページ

2.アクセスを集める目的のアクセスアップページ


最初に、サイトの基本となるコンテンツページを作る。

それが大体できたら、次にすべきはアクセスアップの為のページ作りです。

この2つの書き方は、同じではないのでご注意下さい!

  • アクセスアップページ(主に企業情報記事)→主観を入れない!


企業情報記事を書く時の注意点は、自分の考えを入れない!ということです。

NHKの記者のように、たんたんと事実だけを書けばOKです。

それ以上のことはする必要がありません!

っていうか、してはダメなのです。

ここは特にご注意下さいね!

この会社のこれはとっても良いですよ!とお勧めすれば、それはすなわち勧誘です。

自分にメリットが無くても勧誘はダメです。

他社のデメリットを強調するような記事は問題外です。

誹謗中傷記事はNG(←参照)をよく読んで、訴訟されないで下さいね!(笑)

お客さん目線で考え足りない点を追加する

そして次にすべき事はお客さん目線で考え、足りない点を追加していく事です。

結果、他のサイトには無いコンテンツを見つけ、独自性を出す事に繋がります。

足りない点があれば、どんどん書き足していくのです。

サイト構成の基本をシッカリと押さえ、ゲストにとって見やすいサイトを作りましょう。

多くの情報があるのは理想ですが、同時にお客さん目線で考えると良いサイトになります。

急がば回れ!案外それが一番の近道だったりします。

最初からSEOにこだわり、不自然にキーワードを並べるより、読者が見やすいサイト

すなわちユーザビリティ(使いやすいの意味)に徹しましょう。


ポイント お客さん目線で考える事とユーザビリティがポイント!


関連ページ


MLM虎の巻




私が展開するネットワークビジネスをご案内します

10秒後に自動で始まります(21コマ漫画)
はじめてのネットワークビジネスに挑戦の巻

このサイトを熟読していただければ、MLMをインターネットで展開する上での基本的な考え方や、具体的なやり方をご理解いただけると思います。
そう考えて、敢えて包み隠さずお伝えしています。

ネットワークビジネスをインターネットで展開したい方、自宅にいながらネットワークビジネスを攻略したい方は、まずはこのホームページをお読みください。

さて、このホームページでは特定のネットワークビジネスを推奨していません。
そこで、私自身が現在進行形でどこのネットワークビジネスを行い、具体的にどういう活動を行っているのか?

知りたい方にはすべてこちらで公開しています!(^^v)

ご希望のかたは以下からお申込み頂くと

動画セミナーとフォローメール

私が展開しているネットワークビジネスの仕組みをお教えします


インターネットのネットワークビジネス

動画版人生を変える扉

  • ここで入力いただいた個人情報は、資料送付の目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報を資料送付の目的以外で利用することはありません。



a:4259 t:5 y:1



powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional