ネットワークビジネスとは

ネットワークビジネスとは

ネットワークビジネス(NB=Network Business)

abc

ネットワークビジネス(Network Business)

  • メーカーから消費者に直接商品を流通させ、その流通量に応じた報酬を支払う仕組みがネットワークビジネス(MLM)です。


消費者参加型の販売方法

アメリカでは、Multi-level marketing(MLM、マルチレベルマーケティング)

或いは、network marketing(ネットワークマーケティング)と呼ばれています。

ネットワークビジネスをMLMと言ったりします。

ネットワークビジネスの流通システム

ネットワークビジネスの流通システムの特徴は

メーカーから直接消費者へ流通させる点です。

問屋や卸を通さず、メーカーから直接消費者に商品を流通させる仕組みです。

そして製品の流通量に応じた報酬を支払うシステムが特徴です。

ネットワークビジネスの特徴

ネットワークビジネスの特徴は会社が広告するのではなく

製品を消費者の口コミで売る点です。

一般的な商品の販売方法には以下の方法があります。

  1. 地元商店やスーパー、量販店などでの小売販売
  2. テレビや新聞、広告、などを使った通信販売
  3. 通販に似ていますが、インターネットを使ったネット販売
  4. 業者が個別に訪問して販売する訪問販売

対してネットワークビジネスは、商品の消費者自らが

口コミによる宣伝活動を行い、商品の流通を拡大させていきます。

商品の愛用者が同時に宣伝活動を行うところに

ネットワークビジネスの最大の特徴があるといって良いでしょう。

ネットワークビジネスのメリット

ネットワークビジネスの会社は、広告費や人件費、店舗や事務所費を節約出来ます。

なので、その浮いた分を製品開発費に投入できると言うメリットがあります。

口コミで広げる消費者側としては、権利収入が手に入るというメリットがあります。

ネットワークビジネスの考え方

ネットワークビジネスは、まずあなた自身が愛用者

消費者になる必要があります。

これを嫌がる人もいますが、避けては通れません。

まず使ってみて、愛用者になってからビジネスが始まります。

ネットワークビジネスに限らず

小売、通販、訪販にも一長一短があります。

どれが良くて、どれが悪いと言う決め付けは出来ません。

どれを選ぶにしろ、システムを理解し

真剣に仕事として取り組む気持ちが大切です。

ネットワークビジネスに関する法律

訪問販売等に関する法律(1976年施行、現在は「特定商取引に関する法律」と改称)で、いわゆるマルチ商法とよばれるものが、一定の範囲で「連鎖販売取引」として法的に定義づけられ規制されることになった。その後、定義要件が拡大し、規制強化の流れで法改正が行われた。

現在、特定商取引に関する法律(特定商取引法)で、連鎖販売取引は実質禁止といってもいいほど厳格に規制されている。

特定商取引法で、以下のような条件を全て満たす販売取引が連鎖販売取引とされる。

  1. 物品の販売(または役務の提供等)の事業であって
  2. 再販売、受託販売もしくは販売のあっせん(または役務の提供もしくはそのあっせん)をする者を
  3. 特定利益(紹介料や販売マージン、ボーナス等)が得られると誘引し
  4. 特定負担(入会金、商品購入費、研修費等の名目で、何らかの金銭的な負担)を伴う取引(取引条件の変更を含む。)をするもの

商品流通において、代理店、問屋という形をとる場合のような、広告をする、商品を在庫するというそれぞれの役割が分離されているものと異なり、それぞれのポジションがまったく同じ、商品の広告と販売と同じポジションになるべく人を勧誘することができることで、多段階式に連鎖していくことから名づけられる。

各社システム多様である。この構造をとっていながら、問屋的な会員と商店的な会員とを区別して購入価格差異を設けている企業と、商品の購入価格が全ての人で同じ価格であるシステムである場合もある。

先に登録した者が後に登録した(又は、先に登録した者が誘引した)者の商品流通又は役務提供の成果を受けるものであり、定められた多段階式の報酬システムに基づいて商品やサービスを販売・提供する方法である。

悪徳業者(企業)の中には、個々人に対して、実質的な無限連鎖講に値する行為を行ったり、商品の性能や品質のアピールをするよりは「簡単に儲かる」といった、安易に収入になることを強調したセールストークを用いたり、(長時間にわたって)勧誘し市場価格より高額な値段の商品を販売したりする者も依然存在し、契約に際して各地の消費生活センターや国民生活センターへの問い合わせ・相談が相次いだ。ちなみに平成15年の国民生活センターへの苦情は、特定の1社(アムウェイ)への苦情が過半数であったことなどから法整備の重要性が見直され、平成16年に改正された特定商取引法では次のような規制がなされている。

  • 契約締結前や契約締結時の書面交付の義務付け
  • 広告への一定事項の表示の義務付けや誇大広告の禁止
  • 不適切な勧誘行為(不実告知、威迫困惑行為等)の禁止
  • クーリングオフは20日間(一般の訪問販売は8日間)
  • 中途解約権の付与

ビジネスを提供する連鎖販売企業側のディストリビューター(分配者を示す言葉。販売員、販売代理店、販社などと呼称される事もある)に対する教育の欠如や違法、問題行動の黙認による倫理上の問題・法的違法性の存在や、連鎖販売全体の円滑な流通を監督する経済産業省の不十分な監視体制の下では、今後も問題視される企業が現れる可能性がある。

ウィキペディアより抜粋
2017-02-23 (木) 23:57:41


関連ページ




私が展開するネットワークビジネスをご案内します

10秒後に自動で始まります(21コマ漫画)
はじめてのネットワークビジネスに挑戦の巻

このサイトを熟読していただければ、MLMをインターネットで展開する上での基本的な考え方や、具体的なやり方をご理解いただけると思います。
そう考えて、敢えて包み隠さずお伝えしています。

ネットワークビジネスをインターネットで展開したい方、自宅にいながらネットワークビジネスを攻略したい方は、まずはこのホームページをお読みください。

さて、このホームページでは特定のネットワークビジネスを推奨していません。
そこで、私自身が現在進行形でどこのネットワークビジネスを行い、具体的にどういう活動を行っているのか?

知りたい方にはすべてこちらで公開しています!(^^v)

ご希望のかたは以下からお申込み頂くと

動画セミナーとフォローメール

私が展開しているネットワークビジネスの仕組みをお教えします


インターネットのネットワークビジネス

動画版人生を変える扉

  • ここで入力いただいた個人情報は、資料送付の目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報を資料送付の目的以外で利用することはありません。



a:6066 t:1 y:0



powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional